遺品整理と掃除

掃除といっても、ただの掃除ではなく、亡くなった人の部屋を掃除するのが遺品整理の掃除と言えます。

遺品整理と掃除

遺品整理をする上で、大変重要なことがあります。

それが掃除です。

掃除といっても、ただの掃除ではなく、亡くなった人の部屋を掃除するのが遺品整理の掃除と言えます。

それは通常の家を掃除するのとはわけが違うのです。

それは何故でしょう?簡単に言うと、ご自身で掃除や遺品整理ができる場合は、あまり業者に頼まないからです。

それでは、どのようなケースの時に業者を必要とするのでしょうか。

大抵の場合、お金を持っている忙しい人などと回答するのではないでしょうか。

いえいえ、一般の方でも普通に遺品整理士をお願いする人はいます。

(遺品整理士とは?>>遺品整理士という仕事 - 平凡社

それは、お部屋の中で誰かが亡くなられた場合に、自分ではどうしようもないからです。

というのも、近年の流れでいくと、お部屋にはご老人がいらっしゃったり、寝ていたりすることが多いのですが、あなたの家ではどうでしょうか。

このように、遺品整理の場合、ご老人の死体や汁などがお部屋に残されていたりします。

大抵、変なにおいがしたり、誰かが発見しない限り、見つかりません。

ということは、遺品整理や掃除をする家は、自分で掃除をするには、少し難しいところがあります。

異臭を消すために、専門の機材を使い、空気を正常化し、専門のブラシなどのツールを使い、シミや汚れを取り、これらのことをしながら家においてある品物を全て整理しながら必要なものとそうでないものを分ける必要があります。

このように、考えてみるとやることが大変多い、遺品整理の掃除ですが、これは自分でできる範囲を少しばかり超えているのではないでしょうか。